米丸千尋さんの体験談

弊社を利用してニュージーランドに留学に来られた生徒さんの体験談を紹介します。

米丸千尋さんの体験談

米丸千尋名前: 米丸千尋さん
出身地: 東京都
留学期間: 2015/1/24~2016/12/31
留学先: Avondale College

留学はいつごろ意識しましたか?

もともと海外の大学に進学をしたいという目標を持っていたので、中学生の頃から留学に対して強い憧れを持っていました。日本の高校に、何も意識せずエスカレーター式(中高一貫)で進学をしてから、何か物足りない高校生活を感じるようになり、そしてもっと広い世界に触れたい、自分のやりたいことを深く学びたいと強く思うようになりました。なかなか留学を決断することができなかったのですが、最終的に高校2年生の6月に決断をしました。その後留学するまでの半年間は、日本人として日本のことを発信できるようにと日本史などの勉強をしていました。

出発前は何が心配でしたか?

実は出発前は、あまり心配などはなく、期待が上回っていました。もともと、高校一年生の夏休みにニュージーランドの高校に一ヶ月留学したこともあり、雰囲気などをつかめていたからだと思います。また、私は、人見知りなどをしないので、世界各国から集まる様々な国の人と関われることが待ちきれませんでした。

しかしながら、不安はもちろんありました(笑)一ヶ月と一年、二年は比べるまでもない長さなので全く知らないホストファミリーとうまくやっていけるかな?気の合う友達はできるかな?などの気持ちも心の片隅にはありました。。

留学生活はどうですか?

一言で言うと充実です。一緒にお出かけするとモデルポーズをさせられ一眼レフで300枚近く写真を撮ってくれる(笑)謎のホストファミリー。世界各国からの様々な留学生。特に大親友の中国人のYang。お姉ちゃんのようなガーディアンのまきこさん。たくさんの人に囲まれて、毎日笑顔の絶えない生活を送っています。将来、恩返しができるよう日々、勉強にもしっかり取り組んでいます。

高校で一番好きな科目は何ですか?

私が一番好きな科目は、Economics(経済)です。もともと、大学ではEconomicsを専攻したいと思っていたので、最初に受けたいと選択した科目です。前期のタームでは、世界金融危機がニューシーランド経済にもたらした影響についてのレポートを書きました。ほとんどのアセスメントが、レポートなので本当に大変ですが、優しい先生や周りの友達が手伝ってくれてなんとか乗り越えることができています。また、ニュージーランドの経済を主に扱うので、ニュージーランドについても学ぶことができる、いい経験になっています。

留学中に落ち込んだりした時はどうしていますか?

ポジティブ人間を代表するくらいポジティブなので落ち込むようなことがあっても、自分を成長させることだと思って基本的には気にしません。というより、落ち込んでいる暇が忙しくてないのかもしれません(笑)でも、本当に落ち込んだ時は友達やホストファミリーに相談をします。後は、寝て忘れます(笑)

ホームステイはどうですか?

私のホストファミリーは、Kiwiのホストファザーと、マレーシア出身の中国人のホストマザー、中国人のホストメイトです。私のお家では、マザーが外で働き、ファザーが家で仕事をしながら家事などをこなしています。
いつも笑顔で私の悩みや相談を聞いてくれるファザー。時には厳しく、本当のお母さんのように接してくれるマザー。私のことを本当のお姉ちゃんのように接してくれるホストメイト。夕飯の後には、ダイニングで宿題をみんなでしたり、映画を見たりします。これから、この家族とたくさん思い出を作っていくのが楽しみでたまりません。

ずばり、ニュージーランドの魅力は?

一番の魅力は、自然が豊かで、多国籍の人々が共存しているところです。
日本にいると、少し海外の人がいるだけであれ?え?ってなったりしますよね。(笑)でも、ここではそんなことはありません。学校にはKiwi、黒人、アジア人からパシフィックアイランダーなど、本当に様々なバックグラウンドを持った生徒たちが一緒に勉強をしています。その上、様々な国から留学生が来ているので、ニュージーランドにいながらも世界に触れることができます。
また、ニュージーランドに来てからは時間がゆっくり流れている気がします。例えば、バスや電車などの交通機関が10分ほど遅れるのは当たり前。そんな寛容な?環境なので、せかせかせずにマイペースに過ごせています。

留学後、変わったところはありますか?

すごく恥ずかしいことですが、自立です。自分で自分の生活リズムを作れるようになりました。例えば、日本では、毎朝母に起こしてもらい、朝ごはん、そしてお弁当を作ってもらっていました。そしてそれが普通、当たり前だとさえ思っていました。でも、ここでの生活は全て自分で、こなさなくてはいけません。(まだ遅刻をしたことはありません笑)
私の毎日の日常を作ってくれていた母に、そして私を支えてくれる家族、友人たちに感謝の気持ちを持つようになりました。

これから日本を出発される生徒達へのアドバイス

留学は、簡単に決断できるものじゃないと思います。私も、興味、関心から決断をするまでに1年以上の月日がかかりました。けれど今、留学して本当に良かったと心から思っています。確かに、全てが上手くいっているわけではないし、もちろんつらいこともあります。でも、それ以上に刺激的なことがたくさん待っています。留学は新たな自分に出会えるチャンスだと思います。肩の力を抜いて、留学に挑戦してみてください。ニュージーランドで待っています♡

  • ニュージーランド 高校留学 資料請求
  • ニュージーランド 高校留学 カウンセリング予約
  • ニュージーランド 高校留学 お問合せ
  • ニュージーランド 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学
  • ニュージーランド高校留学 ExEleven公式ブログ
  • ニュージーランド 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学