留学者の進路は

ニュージーランドの高校を卒業すると、基本的にとれる進路は大きく分けて3つあります。

日本で帰国子女入試

日本に帰国し、帰国子女枠入試で日本の大学に通うパターンです。
この帰国子女枠入試は、海外の高校を卒業した者が入試対象者となり、試験は面接と小論文がメインです。
AO入試と似ていますが、AO入試は日本の高校から推薦された者が受験することになり、帰国子女枠入試は海外の高校を卒業した者が受験することになります。
また、帰国子女枠入試は基本的に偏差値の高い大学が設定していることが多いので、しっかりとした大学に進学できる可能性が高くなります。
また、まだまだ帰国子女の学生は少ないので、倍率も高くなく、狙い目の入試となるでしょう。

帰国子女を受ける際の注意点

●帰国子女として日本の大学を受験をする際の条件や試験内容は、各大学・各分野によって異なります。その為、受験要項を早めに日本の保護者様や弊社の進路サポーターに連絡し、その書類の用意をして頂くのがベストです。

●留学期間の指定がある大学も多く、一般的なものは2年以上です。現地高校へ途中入学をされている学生は2年に満たない場合もありますので、注意が必要です。

●また、帰国子女入試にはエッセイ(小論文)を採用しているところが多く、学生は早くからその準備が必要です。 弊社の進路サポーターから事前に小論文の練習問題などがもらえますので、自分自身で勉強しておきましょう。

海外の大学に進学

ニュージーランドの高校を卒業したのであれば、英語がかなり話せるようになっているはず。
せっかくならば、海外の大学も進路の視野に入れておきましょう。
大学卒業後の就職率を見ると、海外の大学を出た学生は、真っ先に就職が決まることが多く、企業から引っ張りだこなのが現状です。
帰国子女も大変魅力的ですが、将来の就職を考えるとこちらのほうがいいかもしれません。

海外の大学に進学する場合の注意点

海外の大学への進学を希望される場合、幾つかのスケジュールが考えられます。

●高校卒業後に現地大学に直接入学する。
この場合、高校卒業までに大学入学資格(University Entrance Qualification)の取得が必要です。
この資格を取得するには、在学中に規定の単位取得が必要となります。(この単位に関しては、留学中に弊社スタッフへお尋ねください。)
日本のように大学入学試験は無く、基本的にはこの大学入学資格と高校在籍中の成績により、大学側より査定されます。

●高校在学中に「大学入学資格」に必要な単位を取得できなかった場合。
現地学生でも、高校在学中に大学入学資格(University Entrance Qualification)を取得するのは大変難しいものです。ましては、英語を母国語としない日本人の留学生にとっては、かなり難関な道となります。
しかし、高校留学生にはもうひとつ大学進学の道があります。
それは、高校卒業後、ファウンデーションコース「大学進学準備コース」を受講することで、大学入学資格を得ることができます。
このファウンデーションコースは、大学付属の語学学校や私立語学学校が提供しています。
基本のコース期間は約1年で、英語のレベルアップはもちろんですが、大学に必要な基礎学力の習得に特化した専門コースになっています。
各課題やテストを合格し、規定以上の成績を修めてコースを修了出来れば、大学への入学資格が得られます。

海外の専門学校やポリテクニック(短大)へ進学

各専門学校・ポリテクニック、またはコースによって入学条件は大きく異なります。
ただ、「大学入学資格」は必要ない学校がほとんどの為、必要とされる英語力も低く設定されているコースが多くなります。そのため、大学に比べると入学レベルは低く、高校留学生にとっても比較的進学しやすい高等教育機関です。

●専門学校やポリテクニック(短大)は、開催されているコースは多岐にわたりますが、全て専門分野に特化したコースです。1年~3年ほどのコースがあり、コースによって取得できる資格が変わります。
殆どのコースは2年間でナショナルディプロマレベルの資格が取得できます。

  • ニュージーランド 高校留学 資料請求
  • ニュージーランド 高校留学 カウンセリング予約
  • ニュージーランド 高校留学 お問合せ
  • ニュージーランド 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学
  • ニュージーランド高校留学 ExEleven公式ブログ
  • ニュージーランド 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学