日本か海外かを決めよう

ニュージーランドの高校では、学年が上がっていくにつれて選択科目の数も多くなっていきます。
日本では、中学生も高校生も週に1,2時間ぐらいですが、ニュージーランドの高校3年生だと、選択科目が98%ぐらいを占めます。
このころは日本のいわゆる5教科も選択となるため、道徳や集会以外はすべて選択科目となっています。
そして、この選択科目ですが、特に高校3年生の進路に大きくかかわってきます。
よって、高校3年生の選択科目を選ぶころには、自分の進路を決めておきましょう。
進路が決めきれない人も、日本の大学に進学するか海外の大学に進学するかは決めておきましょう。
下記に、選択科目と進路の詳細を記載しておきますので自分の将来の目的と合わせた選択科目を選んでください。

(1)現地の高校を卒業することが目的でその後の進路はまだ決めていない。
(2)現地の高校を卒業後、日本の大学や短大、専門学校に進学する。
(3)現地の高校を修了後、現地の大学や専門学校に進学する。

(1)の場合、卒業前には進路は決まっているでしょうが、学期の初めのころは決まっていない方もいるでしょう。そこで、高校3年生になった時点で(1)のような状態の人は無難な科目で成績を極端に悪くするのを防いでおくべきです。数学や音楽、美術など英語力であまり差のつかない科目を選んでおきましょう。

(2)の場合、日本の進学は成績を重んじます。ですので自分自身が高い成績をとれそうな科目を選んだ方が良いでしょう。必然的に自分の得意とする科目ということになりますが、たとえば、理系の科目はだいたい日本の方が進んでおり、日本で苦手だった人でも高い得点をとるケースが多いようです。
また、帰国子女枠試験でも、高校留学時の成績が考慮されます。

(3)の場合は、まず進みたい分野、学科などは必ず決めておいてください。そして、その分野によって選択する科目をきめていきましょう。必ずその分野に直結する科目を選んでおいてください。また、学校には高校留学生のためのカウンセラーが常勤しています。ですので、この留学生担当のカウンセラーによく相談しながら、選択科目を決定してください。

  • ニュージーランド 高校留学 資料請求
  • ニュージーランド 高校留学 カウンセリング予約
  • ニュージーランド 高校留学 お問合せ
  • ニュージーランド 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学
  • ニュージーランド高校留学 ExEleven公式ブログ
  • ニュージーランド 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学