学校の授業について

ニュージーランドの高校の授業では、生徒が積極的に発言し、生徒が主役となる方針です。先生が黒板に書き、それをノートに書き写していく受動的な日本の授業とは大きく違います。例えば家庭科。日本では編み方や縫い方を教わり、クラスでそれを実践するという方法ですが、ニュージーランドでは「1学期に1つ何か作りましょう」と、裁縫道具を生徒に配布する、といったスタイルです。編み方・縫い方がわからない生徒は先生に質問しますので、結果的に生徒の積極性ややる気をアップさせ、個人を成長させていくことにもつながっています。
ニュージーランドに高校留学して間もない頃は授業の英語がわからなかったり戸惑ったりすることがあるかもしれません。まずは先生に質問していくことを目指しましょう。留学当初は、授業についていけない事や方針に戸惑うかもしれませんが、まずは「質問する」という事を目標にしましょう。

ニュージーランドの高校の選択科目

日本では少ない選択科目ですが、ニュージーランドではこの選択科目が主流です。高校3年生では9割が選択科目となっており、学年が上になるにしたがって選択可能な科目が増えていくシステムです。
科目を選ぶ時に迷わないために、下記を心に留めておいてください。

1.留学の目的→現地高校を卒業、卒業後の進路→決めていない
2.留学の目的→現地高校を卒業、卒業後の進路→日本の大学・短大・専門学校に進学
3.留学の目的→現地高校を卒業、卒業後の進路→海外の大学・短大・専門学校に進学

1の生徒さん:
高校3年生の新学期にはまだ進路が決まっていなく、卒業までには決めるという方。こういう場合は、日本と同じような主教科や点数の取りやすい科目を選択し、成績を維持する事を心掛けて下さい。数学や音楽、美術など英語力であまり差が出ない科目を選んでおきましょう。

2の生徒さん:
選択する科目は、日本の大学に入学するために有利な科目を選択して下さい。日本の大学では、成績を重視しますので、良い成績が取れる科目を選ぶことをお勧めします。多くの生徒さんはご自分の得意な科目を選んでいます。(帰国子女枠の受験をお考えの方も同様)

3の生徒さん:
このタイプの生徒さんは、進学したい学科や分野を必ず決めておきましょう。このご希望分野によって選択科目が決まります。ニュージーランド現地の高校にいる留学生担当カウンセラーや、弊社ExElevenの現地スタッフとよくご相談の上、選択科目を決めてください。

留学生用の英語クラス<ESOL> ⇒ 英語が話せなくても安心!

ニュージーランドでは、ESOL(English for Speakers of Other Languages)と呼ばれる英語を母国語としない留学生の為の英語集中コースがあります。ニュージーランドの高校に進学後、このESOLを受ける事で、現地で「生きた英語」を学び英語力を身につける事が出来ます。ESOLは一つの単位ですので英語が身に付くまでは、留学生たちはこの授業を受ける事になります。

  • ニュージーランド 高校留学 資料請求
  • ニュージーランド 高校留学 カウンセリング予約
  • ニュージーランド 高校留学 お問合せ
  • ニュージーランド 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学
  • ニュージーランド高校留学 ExEleven公式ブログ
  • ニュージーランド 高校留学
  • ニュージーランド 高校留学